2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.06.12 (Tue)

6月12日 灯油窯の窯出しをしました

6月9日 午後6時30分灯油窯に点火しました。自動点火できるのですが一度も成功したことがありません、ティッシュに灯油を浸してチャッカマンで火を付けバーナーに落として点火しました。
約1時間様子を見て火が消えなければ蓋をし、窯から離れます。油量2で一晩焼成し、翌朝7時に様子を見に行きました。温度は300℃位まで上がっていました。
15時前にはHさんが焼成の手伝いに来てくれ、一緒に温度を上げました。
15時頃1200℃近くまであがり16時50分には1240℃に達しました。17時50分まで1240~1250℃約1時間引っ張りました。最高温度が1260℃まで達したこともあり慌てて下げる事もありました。
11日の午後Hさんと窯だしをしました。


窯を空けた状態です。一番上の棚は余り焼けていなかったです。
2612.jpg   126122.jpg
126123.jpg   

Hさんの皿です。
126124.jpg   126125.jpg   
比較的きれいに焼けています。乳白釉のみの皿と織部釉を掛け合わせた作品があります。

Mさんの皿です。
126126   126127.jpg 
釉薬の掛け方が薄かったようです。それと温度が上がり過ぎました。織部釉も紅班釉もきれいに出ていません。紅班釉の焼き上がりはこの字の色です。  

Mさんの作品です。
126128.jpg   126129.jpg   1261210.jpg   1261211.jpg    
1261216.jpg   1261218.jpg
1261219.jpg   1261214.jpg
1261223.jpg    1261226.jpg

Hさんの作品です。
1261212.jpg   1261213.jpg   
織部釉を垂れ流し掛け釉をしています。斑模様がよく出ています。

Oさんの皿です。ハート型のコップもうまく仕上がりました。
1261215.jpg   
乳白釉を掛けています。今回の窯は灰色気味に色合いが出ています。

Yさんの作品です。
1261217.jpg    1261229.jpg   
1261230.jpg

MさんとTさんの作品です。     
1261220.jpg   1261221.jpg   1261222.jpg   1261224.jpg
1261225.jpg   

Oさんの作品です。
1261227.jpg   1261228.jpg
織部釉と乳白釉との掛け合わせです。右の作品は見事な色が出ています。

1261231.jpg   

Oさんの猫ちゃんの灯りです。初めての猫の灯りシリーズです。
1261232.jpg   1261233.jpg   
1261234.jpg   1261235.jpg   1261236.jpg
キティちゃん風に色づけもしています。
灯りを点けてみました。
1261237.jpg   1261238.jpg
電球の明かりです。
1261239.jpg   1261240.jpg
LEDの灯りです。

感想としては釉薬が棚板に流れている作品があり少し温度を上げすぎました。
















20:55  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bizenokym.blog92.fc2.com/tb.php/184-1c9c7f1d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |