2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.11.12 (Sat)

11月11日 窯詰めを始めました

11月2日に窯の乾燥焚きをして、7日に窯の掃除をしました。今年は昔、自分の窯を持っていたNさんが手伝ってくれているので、新しい発見がたくさんあります。なかでも、おおかたの灰を取り除くと最後は掃除機で隅々まで小さなかけらなどを取り除くのには少し驚きました。窯詰めの予定は11日からでしたが準備ができたので9日から始めました。

・・・写真にカーソルを当ててクリックすると画像が大きくなります。・・・・

窯詰め 1日目 11月9日(水)

煙遊び
11191.jpg   11193.jpg
煙突のすぐ前に大きな空洞があります。それを煙遊びと言います。今年はここにも低い皿の作品を置いてみました。

         巣穴                 巣穴前の空間の作品
11194.jpg   11195.jpg
巣穴は、煙が勢いよく流れるのでそれをさえぎるように作品を置きます。作品が沢山あり過ぎると煙の流れが悪いので加減が難しいところです。巣穴の前は高い作品を置くことができるので傘立てを置いています。    

奥の棚1段目横から                一段目

11196.jpg   11197.jpg
この場所は、横木を入れ始めると炎が直接当たるところで上手に焚くと良く焼けますが、下手に焚くと備前焼本来の茶色がでないときがあります。

奥2段目
11198.jpg 
この棚は横から炭を入れます。作品にサンギリが出たり金・銀などの色がでたりして窯変が現れる場所です。  

        奥3段目
11199.jpg   111910.jpg    111911.jpg   111912.jpg   
皿を中心に低い作品を集中して置いています。この場所は、炎が良く当たるところで失敗は余り無いところです。自分の作品があるかさがしてみてください。

      奥4段目
111913.jpg   111914.jpg   111915.jpg
この棚も炭入れをします。この棚は比較的温度が上がりやすく良い作品が生まれます。炭入れをする関係から湯飲みやコーヒーカップ等を入れています。
窯詰め1日目はここで終わりました。


窯詰め2日目 11月11日

       奥5段目
111101.jpg   111102.jpg
111103.jpg   
最上棚です。中心にお尻を向けているのは、Nさんの獅子の置物です。この棚は前からも炎が良く当たり、炭を入れるので最高に良い作品がでるところです。

        転がし
111104.jpg   111105.jpg   111106.jpg   111107.jpg      
奥の棚と前の棚の間に遊びがありますこの場所を転がしと言います。この場所に薪(細割)を入れて焚きます。この場所に投入する薪の量が少ないと奥の棚の作品が良く焼けません。昨年は60束で失敗したので今年は150束を目標に焚きこみたいです。ここでは作品の下になってる部分が火タスキが現れ素晴らしい作品ができる可能性があります。また割れる可能性もあります。
2日目はここで終わりました。





03:03  |  窯詰め  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bizenokym.blog92.fc2.com/tb.php/172-4256b9bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |