2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.11.28 (Sun)

10年度 焼成

11月22日から窯焚きを開始して28日午後8時30分窯を閉じました。その様子を紹介します。22日と23日はガスバーナーで窯をあぶり温度を164℃まで上昇させました。本当は200℃が目標でしたがバーナーの調子が悪く上がらなかったのです。24日午前6時より薪を併用して500℃まで上げました。最終1200℃をめざしてがんばったその様子を紹介します。

ガスバーナー口です。右はバーナーの調子が悪く右側しか炎が出ていません。
ガス   ガス2

24日水曜日からバーナー併用、500℃からバーナーを外し、薪のみの投入です。水曜日の夜、当番の会員が薪を投入しています。
焚き口   焚き口2
木曜日の朝には1080℃まで上がりました。そして木曜日の5時前1100℃に達しました。ここまでは順調でした。ここから上がらず、金曜日の朝、1080℃で24時間殆ど上がっていません。

金曜日の午後7時過ぎ、1150℃まで上がり、いけるかなと思ったのですが、土曜日の朝には1130℃で1200℃にはほど遠い状態です。日中も殆ど上がらず1150℃まで行くと1130℃まで下がり、昼過ぎにやっと昨年の最高温度1162℃を越え、1167℃まで上がりましたが、結果的に今年の最高温度になりました。

窯の口の様子です。
焚き口3    焚き口5
午後6時すぎこれ以上温度が上がる見込みがないので炭入れを決断しましたが、温度が1130℃まで下がったので、1150以上上げるために7時20分までがんばり、炭入れを開始しました。

炭入れが始まりました。炭入れの様子です。
炭入れ   炭入れ2
炭入れ3   炭入れ4

炭入れ直後の窯の中の様子です。
炭入れ5   炭入れ6
炭入れ7   炭入れ8
炭入れ9   炭入れ10
炭入れ11   炭入れ12

炭入れの時間は約20分、それから口を開けたまま約20分放置して、その後窯を完全に塞ぎ、窯の周りの掃除をして8時30分に終わりました。
窯焼成に協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。12月4日に窯出しをする予定です。うまく焼けていると良いのですが、楽しみにして待っていてください。







05:58  |  焼成集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bizenokym.blog92.fc2.com/tb.php/145-748cbc71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |