2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.08.20 (Fri)

8月20日 陶芸クラブ

先週は台風が中国地方の近くを通過し心配しましたが、特に影響はなくほっとしています。しかし酷暑の毎日が続き大変です。一年間丹精を込めて育てたサギソウをご覧いただきひとときの涼風を味わって頂けたらと思います。
8月は土ひねりが初めての体験者が2グループおいでになり、みなさん楽しんで帰られました。陶芸の楽しさを少しでも多くの人に味わってもらいたいと歓迎しています。
先日 灯油窯で作品を焼成しました。朝5時に点火し、夕方5時30分に止めました。最高温度1240℃まで上がりました。酷暑の中、熱気が窯の周辺に漂いましたが順調に焼成できました。


丹精を込めて育てたサギソウです。今年は球根が増えたので2つの鉢で育てました。サギソウ栽培のコツは、球根が乾かないように冬でもほぼ毎日水をやること。毎年4月頃球根を植え替えることだと思いました。
サギソウサギソウ2

M・Nさんの猫の香炉です。前と後ろから写しました。信楽粘土で下絵の具の上に透明釉をかけています。
M・HM・H2

H・Kさんのそばちょこです。備前粘土にルリ釉をかけています。
H・KH・K2

M・Aさんのカエルのオブジェです。蓮の葉の上にカエルがいます。カエルと蓮の葉は信楽粘土に織部釉をかけています。
M・AM・A2

O・Kさんの茶碗です。信楽粘土に下絵の具で絵を描き、透明釉をかけました。鮮明に絵柄が出ています。
O・K0・K2

O・Nさんの皿です。信楽粘土に下絵の具で絵を描き、透明釉をかけました。鮮明に絵柄が出ています。
O・NO・N2

左はK・Yさんのカレー皿です。瀬戸磁器に織部釉をかけています。
右はA・Yさんのカレー皿です。瀬戸磁器に結晶黒釉をかけています。結晶黒はかなり高温度が要求され、高温度の場所は結晶が表れていました。
K・YA・Y











20:58  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bizenokym.blog92.fc2.com/tb.php/131-7f5b780e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |