2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.11.21 (Sat)

11月21日 陶芸クラブ

窯詰め 8日目 窯の蓋をする

ウド(薪を投入する場所)に置いた作品です。右・左この場所は非常に高温でゴマもしっかりかかりそれが溶けて釉薬をつけたような窯変ができます。また、この部分に転がしているいる作品はすごく焼けて赤が鮮明にでるところでもあります。しかし割れる率は約5割、今までに全部割れたもあります。
ウド右ウド左

いよいよ窯のふたに入りました。最初は空気穴を作りその上に渡し煉瓦を置きます。左はバーナーが入るよう間を空けその横に煉瓦を置きました。右は焚き口(松割木を投入するところ)を作りました。煉瓦を置いているのは、窯焚きが終わって窯のフタをした状態を考えて置いています。
バーナー口薪焚き口

最後、左はアーチ型の耐火セメントを置く前の状態です。できるだけ空気が入らないようにフタをするのが肝要です。右はうまく置くことができました。隙間はセラミックスで埋めています。下の写真は窯のフタが完成した状態です。時間にして約5時間かかりました。

窯口完成前窯入口完成窯焚き口完成





20:22  |  窯詰め  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bizenokym.blog92.fc2.com/tb.php/102-90c99321

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |