2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.21 (Sat)

灯油窯の窯だしをしました

5月27日 午前5時30分灯油窯を点火しました。気温12℃晴れ、12時には1000℃まで上げ、16時45分1200℃に達しました。約1時間1200℃以上で温度をキープし、6時前火を止めました。最高温度は1232℃です。翌日28日、温度が71℃になっていたので窯出しをしました。

丹精を込めて育てたバラです。        Uさんの男雛です。
15211.jpg   15212.jpg

Oさんの傘立てです。
152113.jpg   15214.jpg

Yさんグループの蚊取り器です。絵柄を見て自分の作品を探してください。
15215.jpg   15216.jpg
15217.jpg   15218.jpg
15219.jpg   152110.jpg

Yさんグループのフクロウです。穴の開け方を見て自分の作品を探してください。
152111.jpg   152112.jpg
152123.jpg   152124.jpg

Hさんの葉皿です。太筆で織部釉を重ね塗りしています。
152125.jpg   152126.jpg

同じくHさんのカップです。織部釉を掛けました。
152127.jpg   152128.jpg

Mさんのカップです。下絵付けでバラを描いて、透明釉を掛けました。
152129.jpg   152130.jpg

今回の焼成は全体では希望通りの焼成ができました。一部焼けすぎたり、下絵付けが濃すぎて絵付けがはたれたりした作品がありました。次回は気をつけて挑戦してください。










21:32  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.11 (Wed)

5月8日(日)、9日(月) 陶芸クラブ

5月8日(日)陶芸クラブ

今日は、Mさんグループ3人が陶芸クラブに参加しました。Mさんは、前回製作した漬け物桶の整形、Mさんは傘立ての組み立て、3ヶ月ぶりに参加したOさんは、3っつの蚊取り器製作と、灯りの穴あけを市ましした。

Mさんの漬け物桶です。直径17㎝、高さ17㎝です。粘土は備前土、桶は3.2㎏、蓋は1.6㎏、重し厚さ3㎝です。
115111.jpg   115112.jpg

Mさんの漬け物桶です。直径18㎝、高さ18㎝です。
115113.jpg   115114.jpg

Mさんの傘立てです。前回、直径20㎝×高さ22㎝の筒を2つ作り、今回それを組み立てました。組み立てた結果、細いところは、直径18㎝~20㎝、高さは42㎝ありました。
1151123.jpg   1151124.jpg

Oさんの蚊取り器です。3ヶ月ぶりの参加でしたので熱心に取り組み、蚊取り器を3つ完成させました。
1151139.jpg   1151140.jpg

同じくOさんの灯りです。灯りを点けてみました。なかなかのできばえです。
1151141.jpg    1151142.jpg

5月9日(月)陶芸クラブ

今日は、Mさんグループ3人が参加しました。今回は4月に素焼きした蚊取り器に絵付けをして透明釉を掛けます。
1151129.jpg   1151130.jpg

1151131.jpg   1151132.jpg

1151133.jpg   1151134.jpg

1151135.jpg   1151136.jpg

1151137.jpg   1151138.jpg

T・Kさんの中深皿です。粘土1.5㎏、高さ6㎝、幅23㎝です。
115119.jpg   115120.jpg

同じくT・Kさんの中深皿です。
115117.jpg   115118.jpg

M・Aさんの中深皿です。
1151121.jpg   1151122.jpg

私のビアジョッキです。
115115.jpg   115116.jpg

私の植木鉢です。棒引きで作りました。幅7㎝、高さ8㎝です。
1151125.jpg   1151126.jpg

同じく私の植木鉢です。棒引きで作りました。幅6㎝、高さ6㎝です。
1151127.jpg   1151128.jpg






17:45  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.01 (Sun)

5月1日 電気窯の窯出しをしました

4月26日木曜日に電気窯の焼成を行い、今日5月1日窯出しをしました。今回は備前土で制作した作品を中心に焼成したました。備前土は急激に温度を上げると作品にブク(粘土が煮える)が出るので№7(1220℃)で焼きました。ただ窯の容量の関係で信楽土の作品も入れています。

Yさんのコーヒーカップです
51吉   51吉2
51吉3   51吉4
備前土で上は乳白釉、下はルリ釉を掛けています。

Uさんの湯飲みです。
51宇   51宇2
備前土に織部釉を掛けました。

Uさんの作品です。
51u1.jpg   51u6.jpg
51u2.jpg   51u3.jpg
51u4.jpg  
備前土に青萩釉を掛けています。透かしの作品、小鉢2、ティーカップ15、小鉢3と粘土300gで制作しています。同じ作品ができています。 

Hさんの作品です。
51H1.jpg   51h2.jpg
51h3.jpg   51h4.jpg
51h6.jpg   51h5.jpg
上4つは織部釉を掛け、すぐに丼の半分に織部釉を重ね掛けしています。下の丼は信楽土に若草色を出すため織部釉を薄め(比重1.4)にして掛けています。

Mさんのビアマグです。
51守   51守2
備前土に乳白を掛けています。

Mさんの作品です。
51三   51三2
下絵猫シリーズの一つです。信楽土に下絵付けをして透明釉を掛けています

Tさんグループのフクロウの灯りです。
51o.jpg   51o2.jpg
51t.jpg   51t2.jpg
51沖   51沖2
上からOさん、Tさん、Oさんの作品です。信楽土に乳白釉を掛けています。

Mさんの作品です。
51m.jpg   51m2.jpg
51m3.jpg   51m4.jpg
土筆は信楽土に下絵付けをして、透明釉を掛けています。右は大仏に下絵付けをし透明釉を掛けています。下は信楽土に下絵付けをし、透明釉を掛けています。

私の作品です。
516.jpg   515.jpg
備前土に透明釉を掛けています。
517.jpg   518.jpg
備前土に青萩釉を掛け、その上にルリ釉を重ね掛けしています。
519.jpg   5110.jpg
備前土に青萩釉を掛け、その上から鉄赤釉を重ね掛けしています。
5111.jpg   5112.jpg
備前土に青萩釉を掛け、白萩釉を重ね掛けしています。白萩釉が完全に飛んでしまっています。失敗です。   

備前土は釉薬を掛けると相性によって期待した色が出ません。今回の温度は1220℃、約15時間かけて焼きました。青萩釉は備前土との相性が良くありません。織部釉、ルリ釉、乳白釉とは相性がよく失敗は殆どありません。また、重ね掛けする場合は、最初に掛けた釉薬が湿っている間に重ね掛けすると釉薬が剥がれずにすみます。

追伸 「吉永町山野を歩く会」のブログをリンクしました。ぜひご覧ください。「吉永町山野を歩く会」をクリックしてくださればご覧いただけます。









20:00  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |