2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.10.28 (Thu)

10月21日 陶芸クラブ

今日は、K・YさんとA・Yさんが参加しました。11月焼成する作品で、湯飲みを作りました。粘土は350g~300gで制作しましたが、その日の体調とか気持ちの持ちかたで作品ができたりできなかったりと浮き沈みのある一日でした。

K・Yさんの作品です。見本の湯飲みを思い浮かべながら作りました。口の広い湯飲みですが、なかなか同じ形を作るのが難しかったです。
京5   京6

下ぶくれの湯飲みです。
京7   京8

見本に合わせて再度挑戦しました。今ひとつの出来具合です。
京11   京12

A・Yさんの湯飲みです。だいたいイメージ通りの作品が出来ました。
京1   京2

長細めの湯飲みです。うまく立ち上げることが出来ました。イメージとは少し違いました。
京3   京4

見本に合わせて再度挑戦しました。今ひとつの出来具合です。
京9   京10










14:05  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.25 (Mon)

10月23日 陶芸クラブ

今日は昔中学校の教師をしていた頃の生徒達が来ました。30年ぶりの再開でしたが皆さんの活躍ぶりに感心したり、昔の話に花を咲かせたりしながら和気あいあいの中、楽しく作陶に励みました。ふくろうの灯りを作りたいとのことで、前日にふくろうの型を作っておいたものに灯りの穴あけに挑戦しました。10時過ぎに始め、3時頃までかかりましたが、それぞれの思いを込めた作品ができあがりました。

まずふくろうの目の位置を決め、目の周りから穴をあけていきます。あとは目の縁どりをし、羽の穴をあけます。後ろのトンボの穴を、次に表のふくろうの羽毛にあたる穴をあけます。最後に足の穴と電線を通すための穴を後ろにあけて完成です。

吉1   吉2   

K・Kさんのフクロウです。
吉3   吉4

灯りを灯しました。
吉9   吉10

T・Aさんのフクロウです。
吉5   吉6

灯りを灯しました。
吉11   吉12

Y・Jさんのフクロウです。
吉7   吉8

灯りを灯しました。
吉13   吉14

備前焼の皿 直径31㎝ 高さ5㎝ 左は上から、右は横から
P1020126.jpg   P1020127.jpg
皆さん初めて挑戦するので、同じフクロウで、同じ形にしました。さすが元スポーツマンで左右のバランスも良く立派な作品ができあがりました。焼き上がりが楽しみです。







21:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.21 (Thu)

10月18日 陶芸クラブ

11月の焼成に向けて追い込みに入っています。今日はH・Kさん、M・Hさんが参加しました。H・Kさんは中皿に、M・Hさんは浅い丼に挑戦しました。とても良い天気であったため、比較的乾燥が早く、午後には裏を削ることが出来ました。

H・Kさんの中皿です。直径31センチ、粘土3㎏です。
平   平2

同じくH・Kさんの中皿です。縁を意図的にひねってみました。
平3   平4

同じくH・Kさんの中皿です。高台をつけています。
平5   平6

M・Hさんの浅い丼です。直径21㎝、粘土1㎏です。左は上から写しました。右は裏の高台を写しました。
三   三2

M・Hさんの3つの浅い丼です。出来るだけ一人で作陶しています。
三3   三4






20:28  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.19 (Tue)

10月16日 陶芸クラブ

朝夕は秋らしく涼しい毎日です。今日は、ONさん、OKさんが陶芸クラブに参加しました。ONさんはカレー皿にもぶっかけうどん丼になる少し深めの鉢を、OKさんは手を骨折していてもできる板作りによる角皿を制作しました。

ONさんの丼です。登り窯に入れる作品です。900gの粘土で作りました。茶碗を作る要領で底を広くとって低い円錐形に土殺しをします。そこから底を作りながら広げ、最終的には21㎝まで広げました。縁を立ち上げます。立ち上がりは7㎝です。
on.jpg   on2.jpg

700gの粘土です。全体的に厚く、少し重たい作品に仕上がりました。
on3.jpg   on4.jpg

OKさんの角皿です。スラブローラーで12㎜の粘土板を作り、髪型に合わせて四角い板を作り、ボールに布をかぶせ、その上に粘土板を置き、やさしく押さえます。少し時間をおき、取り外し、四方に粘土で支え粘土が固まったらできあがりです。
沖   ok2.jpg

少し大きなボールで作りました。ポイントはボール縁の半分くらいの大きさの皿を作ることです。<
沖3   沖4 

さらに大きな角皿です。
沖5   沖6

私のらっきょ型徳利です。煙道に置く作品です。高さ15センチ、胴回り10㎝、粘土400gです。
中1   中2

    
  
02:31  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.06 (Wed)

10月4日 陶芸クラブ

今日は、T・Kさん、M・Aさん、Y・Yさんの3名の方が11月に焼成する作品を作りました。

T・Kさんの皿です。スラブローラーで粘土板を作り、紙型に合わせて切り抜きました。皿のカーブをつけるために支えをしております。
t1土2

支えを取り除いた皿です。右は機械ろくろで皿を作りました。
t3.jpgt4.jpg

M・Aさんの角皿です。スラブローラーで粘土板を作り、切り抜きました。2枚作りました。
松1<松2
松7

M・Aさんの耳付き花瓶です。2㎏の粘土で作りました。
松3松4

同じくM・Aさんの花瓶です。櫛で模様をつけています。
松5松6







21:42  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.05 (Tue)

10月3日 陶芸クラブ

今日はMさんグループが参加しました。M・Mさんは前回制作した灯りに和紙を貼り、ライトをつけてみました。M・Kさんは、ろくろに挑戦、中皿と注ぎ口茶碗を、M・Nさんは前回制作した丼と湯飲みの整形し、次に湯飲み、ビアマグを作りました。

M・Mさんの灯りです。実際にLEDライトを点けると素敵な灯りができあがっています。
M1m2.jpg

m4.jpgm5.jpg

M・Kさんの中皿です。亀板の上に3㎏の粘土を置き、転盤を回しながら土手を作りながら皿を作っていきます。
N1  n2.jpgn3.jpgn4.jpgn5.jpg

注ぎ口のついた深鉢です。薄く軽い作品ができあがりました。
n6.jpgP1020021.jpg


M・Nさんの丼です。
守1守2

湯飲みの高台をつけています。
守3





18:35  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |