2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.27 (Tue)

7月24日 陶芸クラブ

8月の陶芸クラブ開催日の予定が決まりつつあります。8月1日、8月8日、8月9日、8月16日、8月22日です。これから予約される方はこの日以外をお願いします。
7月22日に灯油窯を焼成しました。窯だしをした作品を紹介します。


H・Kさんの湯飲みです。備前土に青萩釉を掛けました。
H・k  H・K2

M・Hさんのどんぶりです。備前土に青萩釉を掛けました。
M・H  M・H2

M・Aさんの鉢です。瀬戸磁器に青萩釉を掛けました。
M・A  M・A2

T・Kさんの鉢です。瀬戸磁器に青萩釉を掛けました。
T・K  T・K2

K・Yさんのワイングラスです。瀬戸磁器に織部釉を掛けました。
K・Y  K・Y2

M・Yさんのビヤマグです。備前土に乳白を掛けました。左上の白いビアマグは信楽土に乳白をかけています
M・Y  M・Y2

O・Mさんの灯りです。信楽土に乳白を掛けました。
O・M  O・M2








01:20  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.12 (Mon)

7月11日 窯だし

7月8日 電気窯№2で素焼きをしました。電気窯はスイッチポンで焼成できます。9日の9時頃には焼成が終わりました。9日は電気窯に平行して灯油窯も焼成しました。午前4時半点火、5時頃まで燃焼の様子を見守り窯を離れました。1時間毎に窯に行き、油量と風量を微妙に調整しながら温度を上げました。12時頃には800℃まで上がり、午後4時(12時間後)には1200℃に達しました。油量と風量を15分毎調整しながら1250℃まで約2時間焼成し火を止めました。一日おいて11日窯出しをしました。

A・Yさんの丼です。下絵の上に透明釉を掛けています。
A・Y  A・Y2

K・Yさんの丼です。同じく下絵の上に透明釉を掛けました。
K・Y  K・Y2

左はA・Yさんの皿です。右はK・Yさんの皿です。同じ棚に置いていたのですが、熱と還元によって微妙に色が違って味わいのある作品ができあがっています。
A・Y3  K・Y3

H・Kさんの丼です。備前の土に透明釉を掛け、さらに透明釉を垂らして焼きました。
H・K  H・K2

M・Hさんの湯飲みです。作品をカンナで溝を彫りその溝に下絵の具で模様をつけ透明釉をかけています。
M・H  M・H2

M・Nさんの灯りです。灯りを付けてみましたが少し明るかったようです。
M・N  MN2

O・Eさんの灯りです。トンボシリーズ、昼間に灯りを付けたのではっきりしていません。
OK  OK2

新しく参加したOさんの作品です。初めての作品ですが良い作品に仕上がりました。
O  O2

タジン鍋2点です。鍋は伊賀土鍋土、蓋は備前土で仕上げ、透明釉を掛けました。備前土で作った蓋はトキ色がでて独特な色合いが出ました。
タジン  タジン3

私の香炉です。瀬戸磁器に織部を掛けました。蓋は2度掛けしたので濃く色が付いています。
N・K  N・K2











03:14  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |