2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2010.04.16 (Fri)

4月16日 陶芸クラブ

アトリエの展示をリニューアルしました。一度是非ご覧ください。

展示棚を整理して作品を並べてみました。大皿や壺など備前焼を中心に展示しました。今ひとつは隣の自動車整備工場から展示ケースをいただいたので、色物中心に展示しました。今度はとても見やすくなっています。
展示1展示2

灯り兼花入れです。いろいろな透かしを入れているので全部は紹介できませんが、表と裏の2面を紹介します。
花瓶1花瓶2

灯りをつけた状態です。
灯り1-1灯り1-2

波状に穴を空けました。このデザインは比較的作りやすかったです。
灯り2-1灯り2-2




17:42  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.15 (Thu)

4月15日 陶芸クラブ

電気窯の窯だしをしました。瀬戸磁器で三角錐、座右の銘を下絵の具で書いたり象眼で彫り込んだりした作品を焼き上げました。

M・Yさんの三角錐の灯りです。うさぎと亀、鶴を透かし彫りにしています。
三角錐1三角錐2
三角錐3

クラブ員が応援している方の「座右の銘」を下絵付けで書きました。
草魂1草魂2

同じく応援している方の「座右の銘」です。これは瀬戸磁器の花瓶に下絵付け絵の具を混ぜてた粘土を象眼したものです。見事に生地になじんで文字が浮き上がっています。
変える1変える2





15:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.10 (Sat)

4月10日 陶芸クラブ

タジン鍋の調理について

タジン鍋を焼成していろいろ調理をして見ました。

① まず重要な点は、鍋をする前に半合のお米をおかゆとして炊き鍋のひびを埋めます。この時ガスの強さを中火以下にしてゆっくり暖めます。強すぎると鍋が割れる可能性があります
タジン1タジン2

② 次に野菜の蒸し料理のレシピとしては、2人用(直径20㎝)のタジン鍋に100CCの水を入れ、さなを置いて、その上に煮えにくい野菜から順に置いていきます。キャベツ(白菜)、人参、玉葱、椎茸、もやし、豚肉などを順に置きます。その上に塩を少量ふり掛けます。(塩をふりかけた方が早く蒸せます。)
上左と上右の写真は鶏肉を乗せた状態です。鶏肉は少し厚めなので蒸すのに時間がかかります。下はしゃぶしゃぶ用の豚肉です。この肉の方が確実に早く蒸すことができます

タジン3タジン4タジン5

③ 中火以下にしてゆっくり暖めます。約20分~30分蒸すとできあがりです。(火の強さによって異なる。できれば30分ぐらいゆっくり蒸すと野菜の甘みが増します)下の写真は蒸し上がった状態です。野菜が蒸し上がった後春菊を乗せたので豚肉が見えません
タジン6

④ このあとポン酢や味噌だれをつけて食べます。とてもヘルシーでおいしくいただけました。

いろいろ試した感想

① 少し火を強くすると焦げて野菜汁が茶色になってしまいました。
② 水を入れずに蒸すとやはり中火以下でも焦げました。
③ さなを置いたらより確実に蒸すことができます。
④ 蒸し上がりのポイントはタジン鍋の頂点から湯気が出始めるとだいたい蒸せているようです
⑤ 塩を少量ふっていないと時間がかかるような気がしました

20:00  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.01 (Thu)

4月1日 陶芸クラブ

タジン鍋が焼き上がりました。電気窯を温度1160℃に設定して焼きました。温度が低かったせいで少し焼き上がりが浅いですが下絵付けの淡い線が出て魅力的な感じに焼き上がりました。釉薬は下絵付けに土灰釉3号を全体に掛けました

タジン1タジン1-1


タジン2タジン2-1


タジン3タジン3ー1


タジン4タジン4-1


タジン5タジン5-1





11:34  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |